住宅の購入

現在、住宅ローンの低金利化に拍車がかかり、史上最安値となっていることから、住宅の購入が非常にやりやすい状態といえます。 そのため、マンションや一戸建てなど持ち家を持つ方が増えており、特に一戸建ては建売住宅の価格が非常に下落していることから購入の敷居が下がっているため需要を伸ばしています。 これは、パワービルダーと呼ばれる建設業者が行う建築計画が徹底したコストダウンを実現し、低価格住宅が量産されていることが理由となります。 テンプレート化された建築計画で工期を短くし、人件費が抑えられていること、資材の大量仕入れにより原価が抑えられたことなどから成されるコストダウンのため、住宅のクオリティが低いといったことはありません。

最近ではマンションの売れ残り物件が低価格で売られてる傾向があり、建売住宅との比較される方も少なくありません。 そういった物件は駅から離れていたり、不人気のエリアのものが多く、立地条件が悪いマンション派売却しにくいというデメリットがあり、築年数が古くなればそれだけ価値が下がり不利となってしまいます。 それに対し、一戸建ては、駅から離れ立地条件があまり良くなくても、マンションに比べ、広い敷地と間取り、駐車場があるため、ファミリー世帯には需要があります。 そして低価格住宅は土地ではなく建物の価格が下がっているだけなので、老朽化などで建物の価値が無くなってしまっても土地の価値は下がることは無いことから、不動産を将来的な資産として考える方にとっては、一戸建ての購入が良いと言えるでしょう。